株式会社オルトメディコは、食品臨床試験・機能性食品臨床試験など特定保健用食品(特保/トクホ)のヒト臨床試験をご提供する食品CROです。

Global infomation

ヒト試験・臨床試験 ORTHO MEDICO:株式会社オルトメディコ

関節の動きをサポート

ヒト試験・臨床試験・各種サポート業務等各種お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL:03-3812-0620

関節の動きをサポート-Price examples

本ヘルスクレームの見積書サンプルをご覧いただけます。
2つのプランをご用意しております。御社の目的に応じて、ご覧ください。
また、プラン内容は一例となりますので、御社のご要望に沿った見積書の作成も可能でございます。ぜひ、お気軽にご相談・お問い合わせください。

見積書A (機能性表示向けプラン) の試験概要

項目 内容
試験デザイン 並行群間比較試験
ランダム化
盲検 二重盲検
介入期間 84日間 (12週間)
来院回数
(スクリーニング検査含む)
2回 (スクリーニング検査、12週間後来院検査)
*自宅でのアンケート検査 2回 (4週間後検査、8週間後検査)
実施症例数 56症例
評価項目
  • 変形性膝関節症患者機能評価尺度 (JKOM)
  • Kellgren-Lawrence (KL) グレード (X線検査; スクリーニング検査のみ)
  • 身体測定
  • 理学検査
  • 末梢血液検査
  • 尿検査
  • 問診
  • 食事調査 (来院検査前3日間を記録)
  • 日誌 (毎日記録)
  • 医薬品服薬状況 (医薬品を服薬した際に記録)

〈日本版変形性膝関節症患者機能評価表(JKOM)について〉

Western Ontario and McMaster Universities Osteoarthritis Index(WOMAC) をベースに作成されたアンケート形式の質問票です。
JKOMの信頼性・妥当性については既に検証されています。※1-4

  • ※1 Akai M, et al. J Rheumatol. 2005;32(8):1524-32.
  • ※2 赤居正美ら. 日整会誌. 2006;80(5):307-15.
  • ※3 赤居正美ら. 日整会誌. 2006;80(5):316-20.
  • ※4 Doi T, et al. Am J Phys Med Rehabil. 2008;87(4):258-69.

〈JKOMの構成〉

構成内容 項目数
膝の痛みのVAS評価
膝の痛みとこわばり 8 項目
日常生活の状態 10 項目
ふだんの活動など 5 項目
健康状態 2 項目
25 項目

〈Kellgren-Lawrence (KL) グレードについて〉

X線検査で、骨棘形成、関節裂隙狭小化、軟骨下骨の骨硬化の状態を確認します。

グレード I II III IV
骨棘形成 あり あり あり あり
関節裂隙狭小化 なし あり (狭くなる程度が1/2以下) あり (狭くなる程度が1/2以上) あり (隙間が消失)
軟骨下骨の骨硬化 なし あり あり あり

試験スケジュール

見積書A
ダウンロード

見積書B (小規模研究プラン) の試験概要

項目 内容
試験デザイン 並行群間比較試験
ランダム化
盲検 二重盲検
介入期間 84日間 (12週間)
来院回数
(スクリーニング検査含む)
2回 (スクリーニング検査、12週間後来院検査)
*自宅でのアンケート検査 2回 (4週間後検査、8週間後検査)
実施症例数 10症例
評価項目
  • 変形性膝関節症患者機能評価尺度 (JKOM)
  • 身体測定
  • 理学検査
  • 末梢血液検査
  • 尿検査
  • 問診
  • 食事調査 (来院検査前3日間を記録)
  • 日誌 (毎日記録)
  • 医薬品服薬状況 (医薬品を服薬した際に記録)

〈日本版変形性膝関節症患者機能評価表(JKOM)について〉

Western Ontario and McMaster Universities Osteoarthritis Index(WOMAC) をベースに作成されたアンケート形式の質問票です。
JKOMの信頼性・妥当性については既に検証されています。※1-4

  • ※1 Akai M, et al. J Rheumatol. 2005;32(8):1524-32.
  • ※2 赤居正美ら. 日整会誌. 2006;80(5):307-15.
  • ※3 赤居正美ら. 日整会誌. 2006;80(5):316-20.
  • ※4 Doi T, et al. Am J Phys Med Rehabil. 2008;87(4):258-69.

〈JKOMの構成〉

構成内容 項目数
膝の痛みのVAS評価
膝の痛みとこわばり 8 項目
日常生活の状態 10 項目
ふだんの活動など 5 項目
健康状態 2 項目
25 項目

〈Kellgren-Lawrence (KL) グレードについて〉

X線検査で、骨棘形成、関節裂隙狭小化、軟骨下骨の骨硬化の状態を確認します。

グレード I II III IV
骨棘形成 あり あり あり あり
関節裂隙狭小化 なし あり (狭くなる程度が1/2以下) あり (狭くなる程度が1/2以上) あり (隙間が消失)
軟骨下骨の骨硬化 なし あり あり あり

試験スケジュール

見積書B
ダウンロード