本試験

スクリーニング検査の結果から、試験参加が確定したモニターへ試験品を郵送し、試験開始となります。

モニターには毎⽇⽇誌を記録いただき、週⼀回⽇誌を郵送で提出いただきます。⽇誌から試験品の摂取・使⽤状況を把握し、必要に応じてモニターに指導を⾏います。
また、モニターが試験実施期間中に医薬品を服⽤した場合、専⽤の記録⽤紙に記⼊いただきます。こちらも週に⼀回郵送していただき、服⽤の状態から辞退を推奨する場合もあります。

試験期間中に複数回の来院がある場合、次回の来院⽇程をモニターに連絡をします。モニターが事前に予定していた来院⽇に都合が悪くなることがあっても、⽇程変更など柔軟に対応し、モニターの脱落を最⼩限にとどめるよう努めております。
来院時の検査では、専任の看護師によって評価項⽬の検査前に書類記⼊や問診、体調の確認を⾏います。

モニターの体調不良や検査前⽇の遵守事項を違反していることが判明した際は、データの信頼を損なうことに繋がるため、当⽇の検査は⾏わず、別⽇への検査振替を⾏います。