株式会社オルトメディコは、食品臨床試験・機能性食品臨床試験など特定保健用食品(特保/トクホ)のヒト臨床試験をご提供する食品CROです。

Global infomation

ヒト試験・臨床試験 ORTHO MEDICO:株式会社オルトメディコ

スタッフブログ

ヒト試験・臨床試験・各種サポート業務等各種お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL:03-3812-0620

スタッフブログ-Staff blog

第46回 高気圧環境・潜水医学会学術総会で発表しました!

朝日に照らされる東京医科歯科大学、

 

その前で空を仰ぎ、大きく欠伸をする私(AM6:30)

 

なんて爽やかなモーニング・・・。

 

 

 

お久しぶりです。

車です。

 

先日、東京医科歯科大学にて

“第46回 高気圧環境・潜水医学会学術総会”が開催されました。

さて我々は一体この学会で何をしていたのでしょう。

 

 

 

打ち上げパーティー???

 

 

 

いえいえ、今度こそ真面目なお話です。

私たちはこの学会に、運営のスタッフおよび“発表者”として参加致しました!

早朝から抜かりなく準備をすすめ、いよいよ開会!!!

開会の挨拶は、東京医科歯科大学 高気圧治療部 部長の柳下和慶先生からです。

 

 

 

柳下先生のご挨拶が終わり、発表の準備にザワつく会場内。

これが怒涛の2日間の狼煙です。

さぁさぁ、寄ってらっしゃい見てらっしゃい!

機械仕掛けじゃないストーリー・・・。

はじまり~はじまり~。

 

 

********************************************************************************

VIP対応(河崎)

 

 

 

招待講演される先生を待ち構える河崎。。。

 

どんな発表が聞けるのかワクワクo(゜ー゜*o)(o*゜ー゜)o

 

まだかなぁ。

 

え、僕は発表中は荷物番ですって・・・

 

がーん(‾□‾;)!!


 

********************************************************************************

クロークなど(市川)

 


 

 

オルトのイケメンs若い衆、クロークの前でパシャリ。

 

今回の学会では、主に裏方のお仕事を務めておりました。ゲストの皆様が快適に過ごせるように、……できてたらいいなぁ。

 

 

さて、今回の学会では、「高気圧酸素治療(以下、HBO)」がメインテーマとして扱われておりました。みなさんは、HBOをご存じですか?

 

酸素には、ヒトの治癒力を高める力があります。でも、ただ酸素が濃いだけでは、酸素の力を十分に引き出すことはできないんですね。

酸素の力を十分に引き出すためには、酸素の濃度の他にもうひとつ、「高い気圧」が必要です。HBOでは、2~3気圧くらいの部屋の中で、濃厚な酸素を吸います。そうすると、血液中の酸素の濃度が上昇します。この「血中の酸素濃度の上昇」が、酸素の力を引き出すためのポイントなのです。

HBOの効果は科学的にも認められておりまして、減圧症や一酸化炭素中毒など、いくつかの疾病・症状に対して保険適用されています。

 

今回の学会では、HBOの更なる可能性を追求した研究が、数多く発表されました。HBOによって、捻挫等の外傷や創傷の治りが早くなること、スポーツコンディションが良くなること、切れた腱の治りが早くなることなどなど、どちらかというと身近な症状への適応が探られていたことが印象的でした。

こうした研究が進めば、捻挫やスポーツ外傷などの治療でHBOを受けられる日が来る、のかもしれません。

 

ケガや病気はしないにこしたことありませんが、……一度でいいからHBOを受けてみたいなぁ。

 

などなど、ちょっとヨコシマな方向でHBOに興味津々な市川がお送り致しました。

 

 

********************************************************************************

懇親会(照井)

 



どーも!!

お疲れ様で~す。

 

♪どんなときも~、どんなときも~、お酒はわれらのエネルギー、、、、

お酒があれば幸せ倍増!!

そんなオルトメディコな私たち。

 

今日は初日。

明日も頑張りますぞ!!

 

********************************************************************************

音響担当(椎塚)


 

 

ここはどこ?かといいますと、学会会場後方の音響・照明の調整室です。

 

何をしているかというと、演者の発表が始まったら照明を落とし、質疑応答になったら明るくするという、とっても地味~(だけど大切)な作業です。

 

あと、発表演者の声の大きさがみんな違うので、マイクの音量を上げたり下げたり、そんなことも密かにやっていました。

 

皆さんの発表をずっと見ることができたので、裏方ながら勉強になりましたよ~!

 

********************************************************************************

ウグイス担当(根本)

 


 

どぉも~、根本でございます。

 

ウグイス担当なんて、緊張(;一_一)

心臓が・・・、バクバク・・・ドキドキ・・・。

どうか、噛みませんように(@_@。

 

あ゛ッ、ぁ~・・・、マイクテスト、マイクテストっ??

 

意外と慣れればいけるもんだわっヽ(^o^)丿

でも福島弁が・・・、と言うよりイントネーションがおかしい・・・かも!?

 

まっ、愛嬌ってことで(笑)

 

********************************************************************************

発表者(鈴木)

 


 

さて、いよいよ、オルトメディコの発表出番です!

 

今回の第46回学術総会では、ナント7回目の発表。

時が経つのは早いもので、2005年の第40回学術総会から毎年の常連となりました。

1年目は緊張で足も震えるほどでしたが、7年目ともなると、この笑顔(*^。^*)。

年の功で、笑顔で質問をごまかす技も覚えてきました(笑)。

 

そして、最初はこわいと思っていた先生方ともスッカリ仲良くなり「あの頃は可愛かったねぇ~」と懇親会でも声をかけてもらえるようになりました。

あの頃は・・・ということは、やっぱり、今ではだいぶ図太くなったように見えているのかも(>_<)

 

それはさておき、この1年で真面目に研究してきた成果をオルトメディコを代表して

しっかり発表させていただきました。

 

 

 

全ての発表が終わり、閉会のあいさつ、最後に優秀賞の授賞式。

さて最後の一仕事、後片付けのお手伝い、お手伝い、と腰を上げかけると

「オルトメディコ・・・」と呼ばれたような・・・

そうです!

第46回学術総会の優秀賞にオルトメディコの研究発表が選ばれた!

医学会で優秀賞をいただけること、ましてや民間の企業が選ばれることは本当に稀なことであり名誉なことなのです!

 

1年目は質問された用語も全く分からずしどろもどろになったこと、3年目の国際学会では初めての英語での発表にあまりの緊張で後ろに座っていた先生に笑われたこと、民間の企業が研究して何のメリットがあるの?と言われ続けて辛かったこと等など挙げればキリがないくらい今までの思い出が蘇ってきました。

 

そして7年目で優秀賞の快挙!

 

“継続は力なり”今日まで続けてきて良かったなぁ~と心から思えた瞬間でした。

オルトメディコの若手社員にも是非この感覚を味あわせたいものです。

 

 

今年は色々ありましたが、良い年になりそうです♪

 

********************************************************************************

学会終了後の記念撮影(山下)

 

 

無事に学会が終了。

 

ハイチーズ✌(^。^)✌

パシャリ!!

 

スタッフ全員で写真撮影。

 

皆、緊張から解放されて

とても良い笑顔でーす(*^。^*)

 

後片付けも早々と済ませ、

元気よく「お疲れッしたーーーー。」

 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

体育会系かッ!!

と突っ込みの入りそうなオルトメディコメンバー

のドスのきいた挨拶。

 

時計を見ると、まだまだ日曜の昼下がり、

いつものようにオルトメディコメンバーは

蝶のように舞い?????

ではなく蛾のように舞いながら、

赤提灯の光を求めて飛び立っていきました(●^o^●)『カンパーイ!!』 『優秀賞おめでとう!!』

 

ん??・・・・どこからか微かにドスのきいた声が!!!!!