株式会社オルトメディコは、食品臨床試験・機能性食品臨床試験など特定保健用食品(特保/トクホ)のヒト臨床試験をご提供する食品CROです。

Global infomation

ヒト試験・臨床試験 ORTHO MEDICO:株式会社オルトメディコ

スタッフブログ

ヒト試験・臨床試験・各種サポート業務等各種お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL:03-3812-0620

スタッフブログ-Staff blog

勘違い

 皆さんこんにちは。営業部の山田です。
すっかり秋めいてきて、少し肌寒くなってきたかと思います。これから、インフルエンザの季節となりますので、皆さん気を付けてください!

 皆様は、勘違いすることはあるでしょうか。おそらく誰でも何回かしたことはあると思います。私も良く勘違いをしてしまいます。

 先日、ネットで多くの人が勘違いしていることを調べてみると、実に多くの事柄がありました。なので、今回は勘違いしがちなことについてご紹介していきます。

 最初に、皆様は「確信犯」という言葉を知っていますか。
皆様の中に、使ったことがある人がいるのではないでしょうか。多分、「悪いと分かっていながら、犯行に及ぶ人」という認識で使っていると思われます。

 しかし、この使い方は本来間違っています。むしろ、この逆の意味になります。この「確信犯」は「自分が正しい(悪いと分かっていない)と思って、犯行に及んでしまうことなのです。要は、悪意なしに行うことなのです。もともとの意味は、「宗教的、政治的、思想的信念に基づいて、正しいことだとして犯行に及んでしまう」ことだそうです。

 そうはいっても、ほとんどの人が前者の意味で使っているので、本来の意味で使う必要はないかと私は思います。このような言葉の勘違いは多くありますが、もちろんビジネスの場などでは、正しい意味で使えたほうがいいとは思います。ですが、それ以外では、多くの人に伝わる使い方の方が会話もスムーズだと思います。

 次に、皆様はTwitterを利用しているでしょうか。
現在では、若者を中心に多くの人が利用していると思います。また、その他SNSを利用している人も多いと思われ、今やビジネスで活用する時代にもなっております。

そのTwitterなのですが、実はSNSではないそうです。
これはTwitter社が言っていることで、TwitterはSNSとは違い知り合いを探すツールではなく、関心によって誰かとつながり、意見を発信する場であり、使い方はユーザーにゆだねているとのことです。
正直、私はよくわからなかったのですが、Twitter社はSNSとは考えていないようです。

 最後に、皆様はベルリンの壁をご存じでしょうか。
学校でも、習うことなのでほとんどの人が知っていると思います。

では、あのベルリンの壁はどこに建てられた壁なのか、ご存じでしょうか。
おそらく、西ドイツと東ドイツを隔てる壁だと思っている人が多いのではないでしょか。

 実は、ベルリンの壁は、東ドイツの中にあるベルリン州の西と東を隔てていたそうです。なので、西ドイツと東ドイツを隔てていたわけだはないのです。確かに、冷静に考えると西ドイツと東ドイツに壁を作ると、ものすごく長い壁になりますし、名前がベルリンなのであたりまえかもしれませんね。

 ネットで調べると他にも、「ブックオフとハードオフは同じ会社じゃない。」や「情けは人のためにならずは、情けをかけるのは相手のためにならないという意味ではない。」などがあります。

 まだまだ、勘違いしていることは多くあると思いますので、ご興味あれば調べてみてください。今回、私が思ったのは雑学的なことは勘違いしていてもあまり支障がないかもしれませんが、言葉の意味を誤って覚えていると、相手に失礼なこともあるので気を付けたほうがいいなと思いました。

 最後まで、ご覧いただき有難うございます。

臨床試験についてご興味、ご相談がございましたら是非弊社までお気軽にご連絡ください。