株式会社オルトメディコは、食品臨床試験・機能性食品臨床試験など特定保健用食品(特保/トクホ)のヒト臨床試験をご提供する食品CROです。

English

スタッフブログ-Staff blog

2016.09.17

今年の夏も暑いですね
暑い=ビールが美味しい季節です。
今年は場所を変えて、都内でも上野にある精養軒の屋上ビアガーデンにやってきました。
夕暮れのいい日差しの中、カンパーイ!
女子は日焼けを気にして、日焼け止め対策済みです(笑)

 

 

外で(夕方から( ;∀;))飲むビールは格別な味です。
ジョッキで隠してもニンマリ顔が見えてますよ、倉田くん。
隣にいる同期の高橋くんが突っ込みを入れたそうな顔してます。

 

 

店員のように素早くジョッキにビールを注ぎ足す高橋くん。サスガです。
ビールを一通り飲み終えて、焼酎水割りへ移行するメンバーも。
「大西さん、焼酎濃すぎ!」「そうですかぁ」

道用主任もマスクを取ってご満悦♪

 

 

ここから、ランダムに指名されたら前に出て挨拶をするというゲーム?が始まりました。
最も注目されたのは、統計解析課の増田くん。6月に受けた統計検定3級で優秀者としてHPに名前が公開されるそうです。おめでとう!!

ただ、このゲームにはオチもなく・・・・・・終わりの見えないゲームに、皆が???

 

 

と、すかさず、星野係長が“一本締め”。
「ヨ~~~~~」

 

 

今年のビアガーデンも全員で楽しく美味しいお酒を飲めました。それが一番です。

 

 

と、ここで解散するわけもなく。
二次会のお店へ移動してきて、さらにお酒を飲む、飲む、飲む。

女子のテーブルは特に賑やかですね。
お酒好きな臨床学術課の馬場さん。どのテーブルを見ても中心に座ってます(笑)

 

 

眼鏡男子4人組は仲良く寄り添ってます。何か顔まで似てきたような(^◇^)。
開発支援課の倉田くんは二次会でも食欲が衰えません。サスガ肉食系男子!

 

 

二次会もまだまだ盛り上がります。

右上の写真は、検査運営課の湊川さんと渡部さん。
左下は、臨床学術課の李さんと開発支援課の高橋くん。

女性陣は、顔色一つ変えず飲み続けます。

 

 

男性陣も負けてはいません。

野口くんは柿沼主任に「あーん」。
三次会ともなると、いつもの光景です。

最後は、統計検定 優秀者の増田君の変顔でお別れです。

 

 

今年のビアガーデンも飲みまくりました。

健康食品、サプリメント、化粧品の有効性、安全性の検証のため、明日から頑張るぞーと
気合を入れて、四次会に行ったとか行かなかったとか。

オルトメディコ 社員旅行 @蓼科
2016.08.23

オルトメディコ 社員旅行 @蓼科

2016年7月22日(金)にオルトメディコ全社員で社員旅行に行ってきました!
会社に集合して貸し切りバスで出発し、都内をあっという間に抜けていきます。
20代の社員が多いこともあって道中も賑やかな様子です!
「明るいうちからの乾杯って最高( `―´)ノ」 by 飯尾&大西
「道用主任~盛り上がってますかぁ」by 庄子&増田
「可愛く撮ってね~」by 渡部&馬場

 

 

途中下車して、そば打ち体験へGo。

 

 

「頑張るぞー✊」統計解析課の増田くん。料理に自信ありでしょうか。張り切ってます。
後ろで上司の柿沼主任のチェックが入ります。「ちょっと俺に貸してごらん。はい、あと切って」と、こういった場所でもチームプレー(?)が光ります(^_-)-☆

 

 

自分で打ったそばを早速いただきます♪
見た目はさて置き、味は格別って顔ですね(^◇^)。

 

 

続いては、ウィスキー工場見学。
「では、いただきます。くぅぅぅ、辛い!」カッコよくカメラ目線を決めた開発支援課の倉田くん。ウィスキーはちょっと大人の味だったかな?
「私は小瓶ごといただくわぁ」豪快な臨床学術課の馬場さん。
ほろ酔い気分で夜の宴会に備えたところで、宿へ到着です。

 

 

オルトメディコの社員旅行はここからが本番です。
全員揃ったところでカンパーイ!

 

 

鉄板焼きの分厚いステーキと好みのお酒で盛り上がりますよー。
お肉大~好きな女子たち。
「ウマイ!いぇーい。」ピースサインの検査運営課の湊川さん。
「見て、分厚いでしょ。」お肉をつまんで見せてくれる臨床学術課の李さん。
「このタレもいける!」検査運営課の渡部さん。
赤ワインで大人の雰囲気を醸し出しているのはパートの遠田さん。優しくて女子たちの良き相談役として慕われています。

 

 

「あーん」とお酒をグラスのまま食べようとしているモニター募集支援係の野口くん。
そろそろ酔っぱらってきたかな?

 

 

美味しい料理でお腹がいっぱいになったところで2次会に突入!!
買い出しのお酒とつまみで改めてカンパーイ!
中央にいるのは、開発支援課の星野係長、飯尾くん、高橋くん。宴会の盛り上げ役です。

 

 

二次会での腕相撲大会は恒例になってきました。臨床学術課の大西さんは男子よりも強い・・・ようです。みんな組みたがりません(笑)。
日本酒好きな大内主任と乾杯です。
そろそろ酔っぱらってはじけてきた様子です。
右下のぶりっ子ポーズは何をイメージしているのか??
とにかく楽しんでます♪

 

 

次の日は、二日酔いも吹き飛ばすような青空。
天気にも恵まれ、さらに交流を深めたオルトメディコ社員一同でした。
明日から健康食品、サプリメントの安全性、有効性の証明のために頑張るぞー

 

看護師 荒木の検診レポート ~大腸カメラ&胃カメラ~
2016.07.19

健康食品やサプリメント、化粧品などのヒト臨床試験の実施には、参加していただくモニターさんの協力が欠かせません。健康志向の高いモニターさんからの要望の声で始まった、看護師 荒木の検診レポート企画。
都内のクリニックで「このクリニックをレポートしてきてほしい!」というクリニックがありましたら荒木まで情報をお寄せください。

 

今回やって来たのは「北青山Dクリニック」。
銀座線の外苑前駅から徒歩7分。青山通りから外苑西通り(キラー通り)に入った一つ目の信号を渡ったビルのインターホンを押し、地下1階へ。
北青山Dクリニックの“D”は、Day Surgery(日帰り手術)、Daily Health Care(成人病予防)、Dermatology(皮膚科学および美容皮膚)の3つを表していて、日帰り手術をはじめ、3大成人病(癌・心筋梗塞・脳卒中)の予防、抗老化医療・美容皮膚科領域まで対応できるクリニックです。

 

 

また、北青山Dクリニックは予防医療にも力を入れており、がんセンターや東大附属病院で修練を積んだ、各専門の先生による様々な種類の人間ドックが受けられます。

 

 

最初に、院長の阿保先生が丁寧に検査の内容や目的等を説明してくださいました。
私が着目したのは「痛くない胃カメラ検査」と「苦しくない大腸カメラ」。
「今回は私が検診レポートするわよ。」と鈴木部長が患者役を買って出ました。
さっそく、問診票を記入しています。

 

 

まずは、看護師さんによる血液検査です。
カメラ検査を受ける場合は、事前に肝炎やHIVといった感染症の検査を実施するという説明がありました。カメラを向けられて笑顔を見せますが・・・完全に引きつってます。

 

 

大腸カメラ検査の前日と当日に飲む下剤や注意事項の説明を受けます。
話には聞いていましたが、検査日は朝から2L位の下剤を飲んで、腸の中を空っぽにするのだそうです。2L!?という驚きと、飲めるかなぁという顔の私の心を察してか、
看護師さんが「ポカリスエットみたいで飲みやすいですよ。」と優しく教えてくれました。

 

 

そして迎えた検査前日。
寝る前に小さい容器の下剤を飲んでいつも通り就寝。
明け方・・・。お腹がグルグルと鳴って目が覚めました( ;∀;)。

 

 

お腹がグルグルいうもののお腹が痛いという感覚はなく、こんなもん?と思いながら、朝から下剤を飲み始めます。薄いスポーツドリンクのような味で飲みやすくゴクゴクいけますが、2Lあるので一生懸命飲みます。
お腹がグルグル、トイレへ駆け込む、下剤を飲む、を何度も繰り返し・・・
透明な水しか出なくなるまで2時間半くらいでしょうか。
意外とお腹の痛みもなく、トイレへ行けばお腹はスッキリとするので、想像していたより楽チンです♪

 

腸の中がスッキリ空っぽになったのを確認したところでクリニックへ移動。
心配していた1時間ほどの移動中もお腹が痛くなることなく、無事にクリニックヘ到着しました。
検査前には、下着を外し、下は使い捨ての短パンのみに着替えます。
特徴は、お尻の部分に切れ込みが。ここからカメラが入るんですね。

 

ドキドキです(´・ω・`)。

 

 

こんな感じに処置台に横になると、看護師さんが点滴の注射をしながら「薬が入るので少しぼーっとしてきますよ。」と。その優しい声を聞きながら意識が完全に遠のきました。
次の瞬間「もう終わりますよ。」という看護師さんの声で目を開け、お尻からちょうどカメラが抜ける感覚で目がパッチリ覚めました。

 

えっ?もう終わったの?というのが初めての大腸カメラの感想です。

 

次の予約は胃カメラです。

 

前日の夜9時から絶食でクリニックヘ向かいます。
胃カメラは特に着替えもなく処置台に横になり、穴の開いた小さな器具を口にくわえます。この穴からカメラが入るようです。大腸カメラと同様に点滴が始まり、「楽にしてくださいね。眠っちゃって大丈夫ですよ。」と看護師さんが優しく肩に手を置いて、、、

 

 

ここまでしか記憶がありません( ;∀;)。

 

検査が終わると、先生が撮影した胃と腸の写真をくれました。
今回の記念にとっておこうっと。

 

 

女性の死亡原因第一位は「大腸がん」だと院長の阿保先生が教えてくれました。
定期的な検診が早期発見、早期治療につながるとのこと。大切ですね。

 

人生初の大腸カメラと胃カメラ。

 

経験する前は緊張や不安でなかなか一歩が踏み出せず、私の周りでも「痛かった」「苦しかった」「二度と受けたくない」といった声を聞いたことがあり、正直なところ出来れば受けたくないなぁと思っていました。

 

私が今回検査を受けた北青山Dクリニックでは、検査中は眠ってしまうので、極度の怖がりや痛がりの人でも安心して受けられます。私自身も、痛みや苦しさはほとんど、いや全く感じませんでした。まだ検査を受けたことのない方、痛みや苦しさを経験してしまって次の検査に踏み出せない方、ぜひ北青山Dクリニックでの検査を体験してみてください。

 

そして、今まで人間ドックをさぼっていた私は・・・
これを機に他の部位も診ていただくことになりました(^◇^)。
内容はまたのブログでお楽しみに!