株式会社オルトメディコは、食品臨床試験・機能性食品臨床試験など特定保健用食品(特保/トクホ)のヒト臨床試験をご提供する食品CROです。

English

スタッフブログ-Staff blog

みなさまこんにちは!
オルトメディコの大野でございます。

5/24~26日に日本栄養・食糧学会の大会があり、皆で参加してきました!

今回は名古屋大学での開催。河崎さんや大野にとっては懐かしの母校であります。

シンポジウムや特別講演も行われるメイン会場は、黒川紀章さんがデザインした豊田講堂です。

講堂の目の前には広い芝生…そして一般道を挟んだ向こうに、公園と大学中央図書館が見えています。

名古屋大学は非常に緑の多い大学です。

自然も多く、眺めも良いのです。

今回オルトメディコが行う口頭発表は、なんと1日でいっきに3本!

学会には、細かい分子機構を緻密に調べられている大学の先生も多く参加されています。
ですが、ヒト試験(ヒト臨床試験)を行い、「食品の有効性」を検証した結果を発表される企業様も多数いらっしゃいます。
オルトメディコも今回、有効性試験を行った結果を発表しに来ました!

やや緊張した面持ち(?)で会場へ向かいます。

緊張のせいか、主任も河崎さんも「喉が渇いた~!」とドリンクをグビリ!

水分補給も済ませ、いよいよ発表会場の建物へ。

口頭発表の会場は、ES総合館。
できたばかりの非常に新しい建物です。
1F右下にはレストランとテラスまで見えています。

はて、会場となる教室はどこにあるのやら?

「上??」「階段2Fで終わってない?」「どこから行くのかな?」

中の階段を上ったり外の階段を上ったりして迷いつつ…

会場に到着です!

この日N会場は終日サプリメントに関する発表が行われていました。

ヒト試験では安全性を確認する安全性試験も行われますが、
効能を調べて付加価値をつけていくため、学会では有効性の検証結果が多く発表されます。

そしていよいよ、静まり返っている会場の中へ…

途中からの入室はなかなか緊張しますよ~
席がふさがっていてドア周辺で立ち聞き、なんてなるとかなりキツかったり…
往々にして締め切っていて換気不足で、さらに喉が渇くんですよね~

肝心の発表場面ですが!

残念ながら会場は撮影禁止のため、発表の様子はお伝えできません…(>_<)

今回、山下主任は

「”西洋漢方融合ハイブリッドサプリメント”の摂取による眼精疲労への影響」
河崎さんは
「ピロロキノリンキノン二ナトリウム塩含有サプリメントが血中脂質におよぼす影響」
大野は
「”フコイダン濃縮ドリンク”の経口摂取による免疫調整作用」
の発表を行いました。

フコイダンは、昆布やもずくといった褐藻類のぬめり部分に多く含まれる食物繊維の一種です。

今回の学会では、この成分を濃縮したドリンクをヒトが飲んだ際、
ウイルスや細菌から体を守る免疫の力が改善した、という結果を発表しました!

マウスにフコイダンを食べさせる実験では、免疫力が改善するというデータが出ています。

でも、ヒトでそういった効果があるかどうかは、実際にヒトで調べてみないとわからないですよね。
そこで、弊社オルトメディコが行っているようなヒト試験(ヒト臨床試験)が大事になってくるわけです…

細かい話はさておき!

無事自分の発表も終わり、再び会場の外へ!

連名発表者である健康栄養評価センターの柿野社長とともに記念撮影です。
興味深い発表が多く、大変勉強になりました!

発表終了後のランチはほっと一息。ちょっとふざけてたりして(?)

…と言っても、この時点で発表が終わったのは河崎さんと大野のみ。

主任は夕方の発表で、終日気が抜けず…お疲れ様でした(>_<)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

オルトメディコでは、ダイバーの方へアンケートのご協力をお願いしております。

減圧症のリスク要因を明らかにし、安全なダイビングの環境づくりに貢献できればと

考えておりますので、是非ご協力お願いいたします。

↓↓こちらのHPから入力できます。

https://www.orthomedico.jp/diver/diver.html

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

弊社は、トクホ(特定保健用食品)や栄養機能食品開発における、

『安全性評価』や『有効性評価』のための、

「ヒト試験(ヒト臨床試験)」をご提供しております。

ヒト試験の内容や費用に関してお問い合わせをお待ちしております。

https://www.orthomedico.jp/contact/contact.html

TEL:03−3818−0610

今後とも何卒どうぞよろしくお願い申し上げます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

一覧を見る