株式会社オルトメディコは、食品臨床試験・機能性食品臨床試験など特定保健用食品(特保/トクホ)のヒト臨床試験をご提供する食品CROです。

English

スタッフブログ-Staff blog

2016年タカラクリニック新年会
2016.03.07

今回のブログは、私、研究開発部の山下が担当です。
2016年タカラクリニック新年会の様子をお届けしますよー

 

今年は2月に入ってからの少し遅めの新年会を開催いたしました。
先ずは、みんなで揃って「乾杯」!
タカラクリニック理事長の高良先生が手にしているのは、ふぐ料理には欠かせないヒレ酒です。隣にいる矢野師長と受付の小堀さんもご満悦の表情です。
ヒト試験では大変お世話になっています。CRO(食品CRO)の業務は先生方のご協力あってのこと。日頃の感謝の気持ちを伝えました。

 

 

もちろん私もビールで乾杯の後は“ヒレ酒”です。ん~~香ばしい♪
倫理委員会や試験実施でお世話になっている先生方も今日は和やかな雰囲気で、
美味しいお酒と料理を楽しんでいただいているようです。

 

 

★以下は魚眼カメラ「RICOH THETA」からの撮影したリンクコードです。
今回は360℃撮影が可能なカメラで、このような写真を撮ってみました。

 

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

 

さらにもう一枚。 皆さまにもこの場の雰囲気が伝わっているでしょうか(^_-)-☆

 

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

 


先生方にもご出席して頂きました。
弁護士の安藤先生(左)と臨床医の窪田先生(右)です。
倫理審査の場では厳しいコメントやご意見もいただきますが、とても頼りになる
先生方です。これからもビシバシご指導お願いいたします!

 

 

オルトメディコの「検診レポーター」こと看護師の荒木さんです。
鈴木部長とペアで、様々な検診を体験レポートするそうです。
食品モニターや化粧品モニター等の一般の方々に是非見ていただき、
検診を受けていただきたいという願いを持っているようです。
今後のブログを楽しみにしたいと思います。

 

 

荒木さんがヒト試験のことやトクホ(特定保健用食品)のことを熱く語りながら
フグ刺をつまんでいる間、隣の柿沼くんは・・・「う、うめー」。
目をつぶっちゃってます( ゚Д゚)。

 

 

今年もタカラクリニックとオルトメディコをどうぞ宜しくお願いいたします。
最後は開発支援課の若手ホープ、飯尾くんと看護師の佐野仁美さんの3ショット。
「はい、ピース」でお別れです。

 

2016年2月6日タカラセミナー開催
2016.02.22

今回は、私、星野がお送りいたします。
2016年2月6日(土)に弊社主催の医療セミナーを開催いたしました。
今回もタカラクリニックの高良先生を講師に招いて、最新のガン治療についてお話しいただきます。

 

 

朝から会場の準備にテンテコマイ(´・ω・`)
何せ今回のセミナー担当者は2名ですから!!大変です。
といいつつ、動いているのは飯尾君です。
流石若者!!
私は体より口が動くタイプのようです(笑)

 

 

私(星野)「飯尾君、プロジェクターの画面が傾いているじゃないかぁ。やり方わかるぅ?」
飯尾くん「ん??私の目の錯覚かな?さらに傾いたような・・・」
心優しい部下は何も言わずに見守ってくれています。
(セミナー開始までには、キチント整えました。)

 

 

準備が終わったら、気合を入れて、礼っ!
満足げな表情を浮かべながら、二人だけの朝礼を行います。

 

 

今回はゲストの講師もお呼びしました。
ケアポット株式会社の高橋佳子社長です。
ご自身の介護経験を活かし、【親ブック】という新たな視点での介護用ノートを開発され、介護施設等で介護支援のための講演活動を行っています。

 

 

家族が安心して介護が出来るように、少しでも楽しめるグッズが必要だという思いから、
開発されたという【親ブック】。親子のコミュニケーションツールとしても活躍しそうです。
↓↓【親ブック】についてはこちら
http://carepot.shop-pro.jp/?pid=96609581

 

 

高良先生からは最先端のガン治療についてご講演いただきました。
まずは食生活や運動などでガンを作らない“身体づくり”が大切というお話もありました。
CRO(食品CRO)として、食品の機能性を証明することで予防医学に役立てる、という社会活動を続けてゆく必要性を強く感じました。

 

 

「ヒト試験でデータを明らかにすることが我々のミッションか・・・」としみじみ今日のセミナーを振り返る私。
「何はともあれ、お疲れっす!」とカメラ目線の飯尾くん。

 

 

仕事終わりのビールともつ鍋。
最高です!

 

 

オルトメディコでは、トクホ(特定保健用食品)や機能性表示食品に向けたエビデンス取得のための食品モニターや化粧品モニターを募集しています。
食品や化粧品の機能性が明らかになることで、予防医学や社会貢献につながります。
興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

大内&遠田の食レポツアー ~神楽坂の巻~
2016.02.16

管理総務課の大内&遠田ペアが、食レポ担当に抜擢されました!食べ歩き大好きなので、趣味と仕事を兼ねて(^◇^)、色々な場所の美味しい食事をご紹介していきます♪
さっそく、やってきたのは神楽坂。この雰囲気が大好きでプライベートでもよく訪れる場所です。とにかく神楽坂は坂が多い(´・ω・`)。昔、神輿が重くてこの坂を上ることができなかったそうですが、神楽を奏すると、容易に上ることが出来たため、この時より「神楽坂」の名が付いたそうです。

 

 

こちらは、毘沙門天 善國寺です。毘沙門天とはサンスクリット語(インドの古語)では「ビシュラバナ」と表記し、この音写が「ビシャモン」だそうです。言葉としては「全てを聞く」という意味で、古来よりインドで信仰されてきた財宝の神様だそうです。善國寺が創設されたのは、桃山時代末の文禄4(1595)年!!今からおよそ400年前です。幻想的な美しさに歴史の重みを感じます。

 

これは、東京に残っている数少ない名画座のひとつ銀鈴会館だそうです。銀鈴会館は1960年創設。歴史ある建物が多い場所でもありますね。

 

細い路地に入るとようやく目的のお店に到着です。

 

初回ということで、気合が入りすぎてお店に辿り着くまでのレポートばかりでしたね。。肝心の食レポは・・・こんな感じの火鍋です。美味しかったです