株式会社オルトメディコは、食品臨床試験・機能性食品臨床試験など特定保健用食品(特保/トクホ)のヒト臨床試験をご提供する食品CROです。

English

スタッフブログ-Staff blog

AOU研究会にて
2011.12.05

先日、AOU研究会に参加してきました。

AOUとはAntioxidant Unitの略で、食品の抗酸化作用の評価系を追究する研究会です。

私たちのようなヒト試験受託企業はほとんど見当たらず、多くは抗酸化作用をもつ食品や素材を扱われている企業の方々が参加されていました。

会場は芝公園にある“ザ・プリンスパークタワー東京”というホテルの披露宴会場。

まずは会場のゴージャスな雰囲気に圧倒されました。シャンデリアが眩しい。。

少し早めに着いたので前の中央の席を案内されてしまいました。真面目に聞かねば(@_@;)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

抗酸化の指標の統一化は難しいながらも先生方の熱心な研究によって、食品の抗酸化については確立の日は近いと感じました。次の段階としては、「抗酸化作用があるとされる食品を人が食べたときに本当に抗酸化作用が機能するのか?」ということを証明する研究に移ることになります。

オルトメディコでは、2004年から大学との共同研究で抗酸化の有効性のヒト試験を実施してきています。そのノウハウを活かし、今後のAOUの研究発展のために働きかけをしてゆければと思っています。

 

といいながら、やっぱりメインは懇親会です。

研究会の理事長である大澤俊彦先生から「赤ワインを飲みなさい。抗酸化には一番いいから♪」と勧められ、飲み放題の赤ワインをたんまり飲んできましたが、これでアンチエイジング効果が出れば嬉しいなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場で偶然同じテーブルになったのは、島根県産業技術センターの研究員 牧野正知さん。

日々、抗酸化の研究をされている若手ホープです。

島根県とは”ワサビ葉”の共同研究をさせていただいた経緯があり、

初対面にも関わらず、話もはずんでこんなに仲良く記念撮影。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大澤先生もとってもご機嫌で会を楽しまれていました。

海外出張帰りでお疲れのはずですが、微塵も感じさせません。年齢不詳です。

やっぱり赤ワインのお蔭?お酒が元気の源!これは人間だれしも共通なんですね(^O^)/

それにしても楽しそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰り際、ホテルのロビーには真っ赤なクリスマスツリーが飾ってありました。

もうすぐクリスマス♡

クリスマスが近づくと気分があがりますよね。

赤ワイン、赤いツリー・・・赤に興奮するのでしょうか・・・。丑年だから?

関係ないか(ー_ー)・・・あ、年齢がばれますね(笑)

 

 

 

生きがいについて考える
2011.12.01

いきなりですが、皆さんの生きがいって何ですか?

家族、ペット、旅行、趣味など色々あるかと思いますが、

私はやっぱり仕事ですかね・・・ ん~仕事終わりの一杯の方が幸せかな♪

何はともあれ“毎日が健康で幸せ”であること。これが一番です。

この“幸福感”とは、皆さんそれぞれの心が感じるものなんですって。

私は、相田みつをさんの「しあわせはいつもじぶんのこころがきめる」

っていう作品が大好きです。

毎日自分の中で小さな幸せを見つける努力はしてます・・・・が、

人間が小さい私はつい小さなことでイライラしてしまい・・・

はぁ(*_*)今日も いかんいかん。

 

私達もいつもお酒を飲んで騒いでいるばかりではありません。(-。-)y-゜゜゜

今回は健康と生きがいについて真面目に考えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2011年11月23日(水・祝) 東大の安田講堂での【第2回 健康・生きがい学会】にて

あの有名な日野原重明先生の講演を聞いてきました。

日野原先生は今年で100歳を迎えられ、現在も聖路加国際病院理事長として

ご活躍されながら、これまでの経験や過去の教訓を次世代に伝えることを目的に

“生きる”をテーマに講演活動を続けられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

100歳だというのに1時間も立ちっぱなしで、熱く講演されている姿にまず感動。

1時間の講演は本当に面白くあっという間で、私もすっかりファンになって

しまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

講演が終わるや否や日野原先生にサインや握手を求める長蛇の列。先生の姿はどこへ~

私も列に並びたかったのですが、先着100名様で締め切られ、

席を立っている間に終了(@_@;) な、なんとアイドル並です。

先10年間の公演予定を決めているそうなので、次の101歳の講演を狙います。

 

 

日野原先生曰く

 

長生きするには、睡眠も食事もほどほどに。よく運動してストレスを溜めない。

人の悪口を言わない・・・・等など。

 

人を妬まず、恨まず、「幸せな人生だった。ありがとう。」

と笑って最期さよならできるよう毎日生きているという

先生の澄んだ心をぜひとも見習いたいものです。

 

ということで、まずは“ストレスを溜めない”を実行するために

飲みに行かなくちゃ♪

 

では、次回はまた飲み会でお会いしましょう。

 

「機能性食品シンポジウム2011」
2011.11.30

ようやく、冬らしい陽気になってきました。
季節の変わり目は体調を崩しやすいので皆さん気をつけてくださいね。

 

今回は「機能性食品シンポジウム2011」に
参加してまいりましたので、ブログで報告させていただきます。

 

このシンポジウムは今回が第1回目で、
健康食品の新素材、新知見や新製品の
プレゼンテーションを柱とし、
最新の学術データによる新素材・製品の
有効性・有意性の発表の場として活用してもらうのを
目的としたイベントになるようです。

 

ほとんどの講座が無料ということもあり、
多くの受講者が来場されていました。

 

今回は弊社も㈱RDサポート様と同じ枠で発表
させていただくことになりました。

 

㈱RDサポートの大澤社長は
「健康食品分野における人材活用」
という演目で発表され、大変興味深い内容に皆様聞き入っておりました。
↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

弊社の鈴木は

「食品の機能性評価のための有効性ヒト試験
~最先端、“特許技術”を用いた試験の事例 」

 

という演目で発表させていただきました。

↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この会はほぼ満席になり、

世間のエビデンス取得に対する注目が

高まっているのをヒシヒシと感じる事ができました。

 

また、弊社ではヒト試験に活用できる検査マーカーを

常日頃から探しており、

今回、㈱ヘルスケアシステムズの瀧本社長が発表されていた

更年期障害の客観的な指標となる

“尿中エクオール”という検査にとても興味をひかれました。

↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早速、この検査マーカーをとりいれた試験デザインを

組み立てておりますので、更年期障害に関するヒト試験を

ご検討のお客様がいらっしゃいましたら是非、

お声がけいただければと思います。

 

その他にも、免疫試験、肥満改善試験、トクホ(規格基準型の安全性)に

関する試験等、様々な試験ができますので、

ご興味のある方はお気軽にご相談ください!!

https://www.orthomedico.jp/clinical-trials-price.html

 

皆様も来年の「機能性食品シンポジウム」に参加してみては

いかがでしょうか。